エフェクターの繋ぎ方

エフェクターの繋ぎ方

エフェクターは繋ぎ方によって、音の変化が違います。
エフェクターの繋ぎ方にルールはありませんが、基本的な繋ぎ方を理解しておくことは、音作りに大きく関わります。
大きく分けるとボリューム系、歪み系、揺らぎ系、空間系というグループに別れます。
例えばワウペダルは、元の音を重視するのであればギター寄りの方が良いですし、全体の音の変化を重視するのであればアンプに近い方がよいですね。
歪み系のエフェクターはオーバードライブ、ディストーション、ファズなどが挙げられます。
イコライザーを経由してから歪み系エフェクターを繋げば、イコライザーの影響を受けた歪みになります。
歪み系を経由してからのイコライザーであれば、全体の音をイコライジングすることになります。
このように、どの順番でエフェクターを繋ぐのかは完全に好みではありますが、エフェクターの役割が大きく変わります。
音色ではなく音程や音量に影響するコンプレッサーやピッチシフターは、他のエフェクターよりもギター寄りに置くことが基本です。
何気なく繋げてしまいがちなエフェクターですが、それぞれの特徴を理解しておけば、自分の求めるサウンドを作りやすい環境も整えやすくなります。
またエフェクターにはボーカル用、ギター用、ベース用など色々な種類がありますが、基本的な繋ぎ方は同じです。
エフェクターは後に置いたものにどんどん上書きされていきますので、後ろに置いたエフェクターほど綺麗に効果が出ます。
色々試行錯誤して、自分の求めるサウンドを作れるようになりましょう。